『魚料理の宅配』メリット・デメリットを解説!どんな人が向いてる?

『魚料理の宅配』メリット・デメリットを解説!どんな人が向いてる?

『魚料理の宅配』は、魚の下処理や味付け調理をして届けてくれるサービスになります。

今までいくつもの『魚料理の宅配』を試してきた水産加工員の私が、魚料理の宅配を利用するか迷ってる方に向けて『魚料理の宅配』のメリット・デメリットを解説します。

さらに『魚料理の宅配』が向いてる人も紹介。

ももち
ももち

メリットと同じくらいデメリットもあるので、事前にチェックしておく必要があるので、是非読んでみてください。

『魚料理の宅配』を利用したときのメリット

実際に『魚料理の宅配』を利用したときに感じたメリットを紹介します。

『魚料理の宅配』のメリット

  • パッと作れるから料理の時間が減る
  • 面倒な魚を捌かなくていい
  • 魚のゴミが減って部屋が臭わない
  • 魚で必要な栄養が摂れる
  • 使われる魚・調味料が一級品で旨い
  • 家に居ながら買える
  • 調理方法が書かれてるから誰でも作れる

パッと作れるから料理の時間が減る

『魚料理の宅配』の1番のメリットは、パッと簡単調理で魚料理を作れて料理時間が激減するところ。

『魚料理の宅配』調理方法
・湯せん
・レンジ
・焼く
・揚げる
・解凍後に切る
・流水解凍して皿にのせるだけ

冷凍してある魚料理の商品は上記の方法で調理することで、おいしく召し上がることができます。

捌いてから作るのと比べるとキッチンに立つ時間が減るのは確実。

さらに、解凍中や温め中に同時進行で他の料理を作ることもできる

ももち
ももち

実際に『魚料理の宅配』を利用してみて、「あと一品おかずが欲しい」そんなときに『魚料理の宅配』はオススメだなと感じました。

「スーパーの水産加工品を買って自宅で食べるパターン」と「魚料理の宅配で届いた魚を食べるパターン」で比較。

スーパーで買う場合
魚料理の宅配の場合
  1. 車でスーパーに行く
  2. 鮭の切り身を探す
  3. 鮭の切り身を買う
  4. 車で家に帰る
  5. キッチンで調理する
  • ネットで注文する
  • 商品が届いたら冷凍庫に置いとく
  • 欲しいときに出して調理する

『魚料理の宅配』のほうが動く回数が少ないので、時間を有効に使えるのが分かります。

時間を有効に使えるという点は、『魚料理の宅配』の大きな強みとなっています。

≫『魚料理の宅配』と『スーパーの水産加工品』の違いを比べてみましたので、気になる方はコチラをどうぞ。

面倒な魚を捌かなくていい

最近は魚の捌き方が分からない人が増えているが、『魚料理の宅配』は捌けなくても安心。

『魚料理の宅配』は魚の下処理や味付け調理して届けてくれるので、魚を捌かなくても魚料理が食べれます。

魚料理の宅配はこんな感じで届く

宅配サービスによって多少変わってきますが、基本的に上の写真のような姿で商品が届きます。

また、魚を捌かないことで下記のようないい所もあります。

  • 手が魚臭くなるのを防げる
  • 血がキッチンにつかない
  • 生ゴミがでない

魚のゴミが減って部屋が臭わない

生ゴミは時間が経つにつれて腐敗して臭くなりますが、『魚料理の宅配』は魚を捌くことがないので、頭や内臓、腹骨といった生ゴミがでません。

ゴミは魚が包装されてた袋だけなので、片付ける手間も少ないです。

小骨や食べ残しの生ゴミが出た際に臭いが気になるときは、冷凍庫で固めるのが1番オススメです。

他にも生ゴミの臭い対策があるのでコチラの記事を読んでみてください。

魚で必要な栄養が摂れる

魚からは栄養がたくさん摂れます。

魚を食べるとなにがいいの?

ビタミンや必須ミネラル、DHAやEPAなど体に必要な成分がいっぱい

魚介類は、良質の動物性タンパク質を含む一方で、カロリーが低いという特徴があります。また、魚介類には、ビタミン(D、E、B12)、必須ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム等)などの栄養素や、高度不飽和脂肪酸(DHA:ドコサヘキサエン酸、EPA:エイコサペンタエン酸)をはじめとする、多様な機能性成分など、私たちの体に必要なものが多く含まれています。

魚を多く食べる人ほど心筋梗塞になりにくいなどの研究結果もあり、水産物を食べることが、私たちの健康維持に役立つことも明らかになっています。

引用:農林水産省『特集1 だから、お魚を食べよう!(1)』

「魚料理は手間がかかる」という理由で魚料理を食べてこなかった人でも、『魚料理の宅配』ならパッと作れてしっかりと栄養を摂れます。

成長盛りの子供にはとても大事なので、常に魚は食べてほしい。

使われる魚・調味料が一級品で旨い

メインとなる魚は、目利きのプロが脂ののった魚を厳選されているので、鮮度抜群なことが多いです。

鮮度の維持には、獲れたてを素早く処理して旨味を逃がさないよう急速に凍結して鮮度を保持。

調味料は地元の調味料を使ったりと一工夫を加えているので、普段食べることがない味付けになっています。

ももち
ももち

『魚料理の宅配』の魚は、スーパーの水産加工品では味わえない。

家に居ながら買える

宅配のいいところは、ネット環境さえあれば自宅に居ながら商品を選んで買うことができます。

販売サイトを見ながら「これいいな」と思ったらボタンをポチポチと押すだけなので、時間短縮にもなります。

スーパーに足を運ばなくていいメリットもあり、車のガソリン代や電車代も抑えることができる。

調理方法が書かれてるから誰でも作れる

魚料理は調理方法が分からず苦戦する方も多いです。

しかし『魚料理の宅配』では調理方法が記載されているので、料理初心者でも簡単に魚料理を作ることができます。

実際にあった調理方法
・袋のまま流水で10~15分解凍。鍋に湯を沸かして6分ほど袋ごと湯せん。袋から取り出し器に盛り付けて完成。

・水に溜めたボウルに10分浸して解凍。鯖の両面に塩を適量振る。グリルに置き、中火から強火で約7分様子を見ながら焼く。鯖をお皿に移し、ポン酢、砂糖、ネギを混ぜ合わせたものをかけて完成。

上記のように詳しく写真付きで調理方法が書かれているサービスもあるので、誰でも簡単に美味しい魚料理を作れます。

『魚料理の宅配』を利用したときのデメリット

実際に『魚料理の宅配』を利用したときに感じたデメリットを紹介します。

『魚料理の宅配』のデメリット

  • 商品を直接目で見て選ぶことはできない
  • 値段が高い(送料など)

商品を直接目で見て選ぶことはできない

ネットで注文する宅配サービスの悪い所は、自分の目で見て購入ができないところ。

実際届いたら「商品が小さい」なんてことはありがちです。

こういったことがないように、注文した人の口コミや評判をチェックして判断して対策しましょう。

≫ブログ『魚一品』では「魚料理の宅配」レビューしているので、是非参考にしてみてください。

値段が高い(送料など)

『魚料理の宅配』はスーパーの水産加工品とかに比べると値段が高いです。

値段が高くなる理由

  • 魚の高騰化
  • 調理してくれている
  • 配送料が含まれている
  • 大量生産できない

水産加工員で働いてるから分かるのですが、魚の値段は年々上昇しています。

人件費や資材のコストアップ、魚の漁獲率の減少によって魚も値段が高騰化してきている。

さらに、湯せんや焼くだけの簡単調理で作れるように、調理してくれているのも値段が高くなる理由です。

どの宅配サービスも運転ドライバーが配達してくれるので、配送費が値段に加わってきます。

また、魚料理の宅配は、世間の認知度も低いので利用人数が少ないので、大量に原料を仕入れる事ができずに、どうしても少量での仕入れになってしまい原料代が高くなってしまうことも考えられます。

ももち
ももち

利用人数が少ないからこそ、一人一人のお客様のことを思って丁寧な魚料理を提供ができるという利点もある。

『魚料理の宅配』はこんな人にオススメ

『魚料理の宅配』をオススメできる人

  • 魚料理が好き
  • 手軽に魚料理を作りたい
  • 美味しい魚料理を探している
  • 魚の栄養を摂りたい

『魚料理の宅配』の良い所は、簡単調理でパッと魚料理を作れるところ。

育児と仕事が積み重なって忙しい!でも魚料理が食べたいって時に、手軽に美味しい魚料理が食べれるので料理時間を作れない人にオススメとなっています。

  • 「肉や野菜の料理は作れるけど、魚料理は苦手」
  • 「魚には栄養があるので定期的に子供に食べさせてあげたい」

そんな時に便利なのが『魚料理の宅配』となっています。是非うまく利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


魚の加工屋が本気でおすすめしたいサブスク6選!
詳細はコチラ
魚の加工屋が本気でおすすめしたいサブスク6選!
詳細はコチラ